歯を残すための根管治療

なぜ根管治療が必要なの?

い虫歯になった時に神経まで虫歯が達した場合、神経が虫歯の菌によって感染してしまいます。その時に根管治療を行います。根管治療は虫歯など侵された病巣をすべて取り除くために神経を抜きます。その部分を洗浄・消毒し清潔な状態に戻す治療です。

特に深い虫歯治療の際に根管治療を行うことが多いです。

※当院では口腔内全体を診て治療を行っておりますので、一歯の根管治療のみの治療は行っておりません。

 

根管治療をしないと抜歯になるかも!?

この病巣を根管治療しないでほおっておくと、最悪のケースとしては抜歯も余儀なくされます。根管治療は皆様の歯を残すうえでは非常に重要な治療です。

 

マイクロスコープを用いた精密根管治療

マイクロスコープを用いた精密根管治療(マイクロエンド)は、肉眼では見えないほど小さな患部でも拡大して確認でき、より精密な歯の根の治療が行えます。

マイクロエンドでは、術者の経験と勘だけに頼るのでなく、このようにマイクロスコープを用いることで術視野を拡大し治療を行えるので精度は格段に向上します。

当院ではマイクロスコープの使用について、別途料金(保険外)は頂いておりません。

 

CTスキャンで精密な診査診断

当院では歯科用CTスキャンを導入しております。

歯科用CTスキャンは、2次元のレントゲン写真に比べて、CT画像では根の形態や根先病巣の広がりが分かるため、より確実な診断に基づく治療が可能になります。

 

ラバーダムの使用

ラバーダムとは根管治療の際に歯に装着するゴムのことです。

ゴムを拡げて口を覆い隠し、治療する歯だけをゴムの外側に出して治療ができるため、治療中に根管内に細菌感染を防ぐことができます。

 

他院に通院中の方又は転院をご希望の方

以下をご留意の上ご予約ください。

  • 根管治療のみをご希望の方
  • 当院では根管治療のみの治療は承っておりません。補綴物の適合性・咬合不良による再発防止や他の歯への影響・他の歯からの影響を考え、口腔内全体を診て治療を行っています。

     

  • 治療期間
  • 当院ではご自身の回復機能を期待し仮歯を用いた経過観察を重要視しているため、治療期間が長期に及ぶ場合があります。

     

  • 保険外費用
  • 当院では現在マイクロスコープ・ラバーダムの使用について別途料金は頂いておりませんが、治療の過程で歯科医師が必要と判断した場合、保険外の材料や素材、治療方法をお勧めさせて頂くことがございます。

     

  • セカンドオピニオン
  • ご相談をご希望の方はセカンドオピニオンをご利用ください。
    詳細はセカンドオピニオンのページをご覧ください。
    セカンドオピニオンのページはこちら

 

根管治療の症例紹介

  • 根管治療Case1
  •  

  • 根管治療Case2
  •  

  • 根管治療Case3
  •  
Clinic Information
  • アクセス
  • 中央・総武線荻窪駅南口より徒歩7分

  • 住所
  • 〒167-0051東京都杉並区荻窪5-2-4-106

  • 電話番号
  • 03-6383-5982

  • 各種保険取扱い